2019春鶴居ワークキャンプ3日目

こんばんは、もう一人のコーディネーターの佐藤です。

全5日の鶴居ワークキャンプも、早いもので3日目を終えました!

今日の作業に出かける前に、朝の給餌に集まってくるタンチョウたちを観察しました!年齢による羽衣の違いや、つがいのダンスを間近でじっくりと見ることができ感動です!

画像


日中は明日の調査の下見をしつつ、タイマーカメラの電池交換や足跡調査を行いました。

タイマーカメラは、タンチョウが給餌場以外にどこを利用しているか調査するために設置されています。今日はカメラ設置地点を回り、電池を交換しました。

画像


0℃を下回る気温の中、素手で触る乾電池がとても冷たく手が凍えました。

足跡調査では、タイマーカメラの撮影範囲外にタンチョウが利用した痕跡があるか確認しました。

画像


川の淵にうっすらと残る足跡を1個体分見つけました。

調査地を車で巡回しているときには、キツネやワシ、シマエナガなどが何度か見られ、参加者一同盛り上がっていました。

夜は鶴居周辺でタンチョウやワークキャンプに携わっている方々を招いて懇親会を開きました。
様々な方からたくさんのお話を聞くことができました。まだまだお話を聞きたいところですが、夜も遅くなってしまうので解散となりました。

画像


明日は、今回のワークキャンプのメインの作業となる、採食地の利用状況調査です。疲れが溜まってくる頃ですが、安全に注意して、楽しく頑張って行きたいと思います!

佐藤華音