2019春鶴居ワークキャンプ 最終日

こんばんは!
コーディネーターの田中です。

最終日は朝食後、研修所のお掃除をして、レンジャーの方とともにワークキャンプ全体を通しての振り返りを行いました。そのあとネイチャーセンターで総括を行って、お世話になったレンジャーの方への色紙を渡しました。

画像


4泊5日はあっという間でしたが、とても内容の濃い充実した日々を過ごせたように思います。天候にも恵まれ、タンチョウだけでなく様々な野生動物も観察することができました。

今回のワークキャンプ参加者は分野が様々で、いろんな方向からの視点で自然保護について考えていけたのではないかと思います。

お世話になった方々、最後までありがとうございました。

田中杏南

2019春鶴居ワークキャンプ4日目


こんにちは!チーフコーディネーターの渡辺です。

本日は今回のWCのメイン作業である、自然採食地の利用状況調査を行いました。
前日に行った予行演習を活かし、三地点に分かれてそれぞれ給餌場での個体数カウントや高台からタンチョウがどのような環境を利用しているかを調べました。双眼鏡や望遠鏡に慣れない参加者もいる中、皆んなで協力して行うことができました!調査中にはタンチョウ以外にもオオワシやシマエナガを目の前で見ることができ、北海道の雄大な自然を改めて感じました。
画像


終了後は宿舎に戻り調査の振り返りをした後、自然保護セミナーを行いました。
今回はメインでお世話になったレンジャーにもご参加いただき、計7人で自然保護のあり方について考えました。今回のWCを通して鶴居での取り組みを学び、参加者の自然保護に対する考えもより深めることができました!
画像


明日はいよいよ最終日です。これまでお世話になった皆さんに感謝の想いを伝えたいと思います!

2019春鶴居ワークキャンプ3日目

こんばんは、もう一人のコーディネーターの佐藤です。

全5日の鶴居ワークキャンプも、早いもので3日目を終えました!

今日の作業に出かける前に、朝の給餌に集まってくるタンチョウたちを観察しました!年齢による羽衣の違いや、つがいのダンスを間近でじっくりと見ることができ感動です!

画像


日中は明日の調査の下見をしつつ、タイマーカメラの電池交換や足跡調査を行いました。

タイマーカメラは、タンチョウが給餌場以外にどこを利用しているか調査するために設置されています。今日はカメラ設置地点を回り、電池を交換しました。

画像


0℃を下回る気温の中、素手で触る乾電池がとても冷たく手が凍えました。

足跡調査では、タイマーカメラの撮影範囲外にタンチョウが利用した痕跡があるか確認しました。

画像


川の淵にうっすらと残る足跡を1個体分見つけました。

調査地を車で巡回しているときには、キツネやワシ、シマエナガなどが何度か見られ、参加者一同盛り上がっていました。

夜は鶴居周辺でタンチョウやワークキャンプに携わっている方々を招いて懇親会を開きました。
様々な方からたくさんのお話を聞くことができました。まだまだお話を聞きたいところですが、夜も遅くなってしまうので解散となりました。

画像


明日は、今回のワークキャンプのメインの作業となる、採食地の利用状況調査です。疲れが溜まってくる頃ですが、安全に注意して、楽しく頑張って行きたいと思います!

佐藤華音

2019春鶴居ワークキャンプ 2日目

こんばんは!今回鶴居ワークキャンプのコーディネーターを務めさせて頂きます田中です。

2日目は、レンジャーのお二人に野外セミナーをおこなっていただきました!
早起きして5:30からタンチョウのねぐらを見に音羽橋に行きました。早朝は-10°くらいで突き刺さるような寒さでしたが、タンチョウの鳴き声を聞けたりや求愛ダンスを見ることができました。

受け入れ先に帰って朝食を取ったあと、鶴見台のタンチョウを見て、野生動物保護センターや鶴居村の農場、午後は細岡展望台やソーラー施設に行きました。
農場では給餌を減らしてからのデントコーン畑でのタンチョウの増加についてお話を聞くことができ、人との共存の難しさを改めて感じました。

画像


タンチョウセミナーでは塗り絵をしたり、雑食性のタンチョウが食べるものや、誤って食べてしまうことが多いものをゲーム形式で学びました。タンチョウへの興味がより深まったよい機会だと思いました。

画像


明日からいよいよ調査が始まるので気を引き締めて行こうと思います!

田中杏南

2019春鶴居ワークキャンプ1日目

こんばんは!今回のチーフコーディネーターを務めさせていただく渡辺です!

いよいよ本日から鶴居ワークキャンプがスタートしました。
今回は参加者6名全員の所属大学が異なるという珍しい回となりました。

出発時の都心はあいにくの雨天でしたが、鶴居村は雨は降っておらず、天候には今のところ恵まれています。
受け入れ先のレンジャーと合流したのち、5日分の食料を購入し鶴居村へ向かいました。

到着後すぐにレンジャーから鶴居村とタンチョウの関りやサンクチュアリの取り組み、冬季自然採食地整備などについてお話しいただき、今回のワークキャンプの目的も再確認することができました!
画像


また、夜にはF.A.スタッフがアイスブレイクと合意形成セミナーを実施しました。
アイスブレイクで初日特有の緊張感もほぐれ、合意形成の大切さもきちんと学ぶことができました!
画像


明日は野外セミナーで自分たちがどういった地域で活動するのかを、レンジャーに現地を案内していただきながら学びたいと思います!

渡辺政